暮らしを快適にする住宅設備!!窓選びのポイント

ルールにしたがって選んでいく

近年、住宅の基本性能の中でも特に重要視されているのが断熱や気密性です。この性能が低い家では冷暖房が効率よく作用せずに、無駄な光熱費を支払うことになるでしょう。まずは、建物に十分な断熱と気密性を持たせるというルールにしたがって新築時には建材や設備選びをしていくことが大事ですよ。その際に、ポイントとなるのが窓回りになります。住宅の機能と意匠の両面のポイントとなる部分であり、どんな形状の窓とサッシを組み合わせるかで外観の印象は大きくかわってくるでしょう。

デザイン別窓の選び方のポイント

窓には開閉の方法や形状などにさまざまなバリエーションがあり、通風や採光をはかったり、眺望を取り入れたりと異なる役割を果たします。用途に合った窓を適切に選ぶことが大切でしょう。スライドさせて開閉するものでは、サイズバリエーションが豊富な引き違い窓、上の枠は固定で、下の窓枠だけが上下によって開閉する片上げ下げ窓もあります。最近の断熱性の高い窓なら、北側に大開口を設けても寒くならないので、先入観にとらわれず、設計担当者と話し合ってみましょう。

断熱性を考慮した場合の窓とサッシ選び

サッシ枠の材質やガラスの種類によって、その断熱性は大きく変わります。樹脂サッシや断熱性を増やしたトリプルガラスなど高性能な製品が出てきており、選択の幅もひろがりました。断熱性の高い樹脂フレームに複層ガラスを組み合わせた国内最高レベルの断熱性能を持っている樹脂窓から、スリムな枠で意匠性も大きく向上した高性能なハイブリッド窓、アルミの耐久性と樹脂の断熱性を融合したものまで様々ですから、予算と用途、性能のバランスを考えて検討していくといいでしょう。

船橋市で新築一戸建てを購入することで、便利で快適な住まいが手に入る他、利便性に優れた環境の中で生活できるというメリットもあります。