知っておきたい!敷金についての基礎知識と現状

敷金とは何かを知ろう!

敷金とは、家賃の滞納や重大な損害などに備えて、入居時に大家さんへ預けておくお金のことです。そして本来は、特に問題がなければ退去時に全額返還されるものなのですが、実際には一部だけ返還されたり、または全く返還されないケースも多いと言われています。なぜそのようなことが起こるのかというと、それは、部屋を入居時の状態に戻す義務が入居者にあるということを意味する「原状回復義務」を果たすために、クリーニングや補修などにかかる費用が差し引かれるためです。この原状回復義務については、「自然損耗分は賃貸人(大家さん)の負担」といった内容のガイドラインを国が示していますが、その解釈は大家さんによって違う場合があると言われています。

敷金の相場と返還率はどれくらい?

敷金の相場は、「家賃の2ヶ月分」だと言われています。しかし中には、敷金・礼金ゼロの物件もあり、初期費用を抑えたいと考えている人にとっては便利だと言えるでしょう。そして返還率については、平均的に見ると「預けた敷金の半額ほど」が戻ってくる場合が多いと言われています。ただし居住年数や、退去時の部屋の状態、そして先ほども説明した「原状回復義務」についての大家さんの解釈の違いなどによって、返還される額は変ると言えます。

敷金のトラブルを防ぐには?

敷金が戻ってこないなどのトラブルを防ぐために必要なことは、契約時の確認を怠らないことだと言えます。例えば、退去時に古い畳を取り替える費用は入居者が負担するということが契約書に書かれてあり、それに同意した場合は、その費用を入居者が負担するしかありません。つまり契約内容が全てだということです。なので、契約内容に納得がいかない場合は詳しい説明を求めたり、またはその場で契約せずに、資料を貰うなどして改めて検討し直すといったことも必要でしょう。

札幌市中央区の賃貸のほとんどは、家賃がリーズナブルであることや、築年数が新しいことが大きな利点として挙げられます。