良い賃貸物件を探すためには、人の心情を分析しよう!その理由とは?

不動産会社はあくまでも仲介者

不動産会社が物件を持ち合わせ、不動産会社が直接物件を貸し出す事もありますが、不動産会社が行う多くの仕事は仲介者としての仕事ですよ。これは、自分自身が仲介者になったつもりになれば分かりますが、例えば、野球のスカウトを行う人は、良い人材を見つけ出し良い人材を球団に紹介をしていますよね。不動産会社も同じく、良い借り主を貸主に紹介をしたいと思う物ですよ。悪い借り主を紹介をしてトラブルを起こしてしまえば、貸主は違う仲介者に依頼を変えるかもしれませんよね。

良い借り主とはどの様な人物なのか

実際に、借主と貸主が対面をして契約を結ぶ事もありますが、貸主が賃貸物件のある地域に住んでいるとは限らず、不動産会社がどの様な人物かと言う事を貸主に伝える事もありますよ。その中では、言葉遣いも大切であり、タメ口などで話す方とは、近所とのトラブルを起こしてしまう可能性があるのではと考えてしまう事もありますよね。腕時計を付けない若者が増えていますが、腕時計は、時間が管理できる人として高い評価を受ける事もありますよ。高級時計を身に付けていれば、時計を買うほどの収入を持ち合わせていると判断を行ない、しっかりと家賃を支払ってくれる人だとも判断してくれる可能性もありますよね。

数ヶ月分の家賃前払いする変わりに家賃を下げてもらう

貸主にとって、賃貸物件を持つ事に対して不安要素と言うのをいくつか持ち合わせていますよ。その中の一つに空室によって、賃貸収入が入ってこない不安要素と、入居してから直ぐに退去する不安要素です。空室の場合は直ぐに理解できますが、直ぐに退去する内容とは赤字を生み出してしまう可能性がありますよ。貸主の中には、賃貸物件を借りてもらうために広告などを出している場合もあります。この広告の費用を回収する前に退去されたら赤字と言う形になってしまいますよね。つまり、この不安要素を交渉として利用する事が可能であり、数カ月分の家賃を前払いをする変わりに月々の家賃を下げてもらうカードを提示すれば、応じてくれる可能性がありますよ。

札幌の賃貸マンションは、初めて一人暮らしをする人にも最適な賃貸マンションとなっていて、様々な設備や防犯セキュリティなどが取り付けられています。