アパートや一戸建てには絶対にマネのできない住宅難解消の旗手たる高層マンション

敷地面積に占める居住率が群を抜いているマンション

敷地面積に占める居住率というものを考えてみるならば、マンションというのは最も敷地当たりの居住率が高い住宅と言えるのです。もちろん、マンションにも高層タイプばかりではなく低層タイプのものもあるわけですが、マンションの代表的なものはといえば、やはり空に延びる高層マンションということになるでしょう。最近、特に脚光を浴びているタワーマンションと呼ばれているものなど、実に50階建ての超高層といったものになっていますが、こうした高層マンションであれば、その居住率たるや、平屋建て住宅の実に数十倍にもなるのです。

地に沿って広がることなく空に向かって延びる高層住宅

このように、敷地面積当たりの居住率が極めて高いのがマンションというものの特徴、と言えるのです。まだ高層建築というものが発達していなかった時代には、住宅といえば地面に沿って広がって行くものだったために、その住居数に比例して、多くの敷地面積を必要としたものでした。ところが、建築技術の飛躍的な進歩によって、空に延びる高層建築というものが実現できるようになったことで、実に地表面積の数十倍もの住居を縦に確保できるようになったのです。

マンションという大都市の住宅難解消の旗手

マンションが一戸建て住宅はもちろんのこと、同じ集合住宅であるアパートとも決定的に異なっているのは、鉄筋コンクリート造り(RC)の高層住宅として、地面に沿って横にではなく、空に向かって縦に延びることによって、単位面積当たりの居住率を飛躍的に高めてしまうことができるという点です。これは、鉄筋コンクリート造りではないために高層建築にすることができないアパートや、元々が低層建築である一戸建て住宅には絶対に真似のできないことなのです。このために、用地の取得が極めて困難な大都市では、マンションは有力な住宅難の解消手段となっているのです。

函館のマンションでは、一戸建てのようにペットを飼うことができて、防犯性にも優れているので、快適な生活を送れます。