老人ホームは最後の場所として相応しいのか?

老人ホームで最期を迎える事

老人ホームは最後の場所として相応しいのか、永遠の課題テーマです。介護している場合、一人でお世話するのは困難で、家族みんなでやらないといけないでしょう。そのためには、要介護者の状態は気にする必要があります。それによって方向性も検討しないといけないからでしょう。介護を要するレベルだと、一人で面倒見るのは困難だと介護経験者は感じますよね。そのためには医療機関と自治体のフォローが必須で、介護している側の負担軽減する方法を考えましょう。

老人ホームで生活すると

要介護者を介護していると、良くなるどころか日日に悪化している状況に気がつきます。それでも要介護者は老人ホームに入るのを嫌がります。生活が一変するのが分かっているのかどうか分かりませんが、集団生活になると今まで一人で生活していたので、馴染めるか不安になります。介護は当事者だけではないでしょう。家族全員で交代で面倒見た方が良いとなると、家族同士の連携が重要です。医療機関と自治体との連携が欠かせないです。老人ホームで最期を迎えるのは家族にとっては仕方がないと思っています。

本人が嫌がったらなかなか難しい

老人ホームに入るのは重度の入居者が沢山いますが、それでもまだまだ入居待機している高齢者も沢山います。高齢者社会は留まる所を知らないので、働き手は老人ホームでは一人で何人もの入居者を相手にしないといけないです。スタッフが少ないと、対応しないといけない物が沢山あります。そのために、スタッフは仕事で長時間拘束される羽目になります。老人ホームが増えるのは良い事ですが、同時に介護スタッフの確保も重要です。働き手がないと、一人で何人もの入居者を相手にするのは困難だからです。

川崎市の老人ホームは、快適に過ごすことができるように様々な工夫がされているので、安心して入居できます。